HOME>オススメ情報>走った場所もまるわかり!?驚きのドライブレコーダー性能

走った場所もまるわかり!?驚きのドライブレコーダー性能

ファミリー

GPSと連動している

最新型のドライブレコーダーには、GPS機能が付いた製品もあります。GPS機能があると衛星から車の位置を割り出し、緯度や経度などをカメラからの映像とともに記録してくれます。GPS機能は一見すると不要なものに思えますが、実は事故を起こした時に重要な役割を果たしてくれます。GPS機能によって車がどんな経路で走行したかが記録されるため、映像の証拠としての価値を高めてくれるからです。加えて現在の日時なども常時修正してくれるので、時計がずれていて信用してもらえないといった事態も防げます。ドライブから帰宅して映像を見返す時にも、GPS機能は役立ちます。写っている映像の正確な位置を、GPSから得られた測位情報が教えてくれるからです。ドライブの時に走ったルートやその時の情景をまとめるのに役立つはずです。

運転

パソコンやスマホで確認

小型のモニターしか付いていないドライブレコーダーを使っていると、状況によっては映像の細部を確認するのが難しいかもしれません。より大きな画面で確認するには、パソコンやスマホで映像を見られる機種がおすすめです。パソコンやスマホの画面は、大きなだけでなく解像度も高く精細感のある映像が得られます。自分で映像の細部を調べたい時に便利です。パソコンなどで映像確認するには、メモリーカードを取り外せる機種を選びます。内蔵式で取り外せない機種では違う方法が必要になるため注意してください。メモリーカードを外したなら、パソコンのスロットに差し込み、フォルダ内にある映像ファイルをダブルクリックして再生します。スマホでも同様で、取扱説明書でカードスロットの位置を探し出し、ドライブレコーダーから取り出したものと差し替えるだけで再生できます。